韓国大統領、古里原発1号機永久停止に「脱核の国へ向かうスタート」

韓国の古里原発1号機を永久停止 文在寅大統領「脱核の国へ向かうスタート」

記事まとめ

  • 韓国の文在寅大統領は古里1号機永久停止宣言式で「脱核国へ向かうスタート」と述べた
  • 文大統領の式辞は脱核・脱原発国へのエネルギー政策の大転換を宣言した
  • 文大統領は天然ガスや再生可能エネルギーを利用した発電で対処するロードマップも提示

韓国大統領、古里原発1号機永久停止に「脱核の国へ向かうスタート」

韓国大統領、古里原発1号機永久停止に「脱核の国へ向かうスタート」

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日「古里1号機の稼働永久停止は脱核国へ向かうスタートだ。安全な韓国へ向かう大転換」と述べ、国のエネルギー政策の大転換を宣言した。(提供:news1)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日「古里1号機の稼働永久停止は脱核国へ向かうスタートだ。安全な韓国へ向かう大転換」と述べ、国のエネルギー政策の大転換を宣言した。

文大統領はこの日、韓国水力原子力古里原子力本部で開かれた「古里1号機永久停止宣言式」に出席し、「新政府は原発の安全性確保を国の存亡がかかった安全保障問題として認識し、対処する」と述べた。

この日、文大統領の式辞は脱核・脱原発国へのエネルギー政策の大転換を宣言し、これを具体的に実現するロードマップを提示したという意味がある。

また、石炭火力発電を減らして天然ガスや再生可能エネルギーを利用した発電で対処する脱石炭・クリーンエネルギーのロードマップも提示した。

文大統領は「原子力安全委員会を大統領直属の委員会に格上げし、多様性や独立性などを強化する」とし「原発中心の発電政策を廃止し、脱核時代へ進む」と述べた。

彼は「準備中の新規原発の建設計画を全面的に白紙に戻す。原発の設計寿命を延長しない」とし、「現在の寿命を延長して稼働している月城1号機は電力需給状況を踏まえ、可能な限り早期に廃炉にする」述べた。

現在建設中の新古里5・6号機については「安全性や工事の進み具合、投入・補償費用、電力設備予備率などを総合的に考慮し、できるだけ早いうちに社会的な合意を得たい」と明かした。

文大統領は「新政府は脱原発と共に未来エネルギー時代を開く」とし「太陽光、海上風力産業を積極的に育成し、4次産業革命に備えたエネルギー生態系を構築する」と付け加えた。

文大統領は「慣れたものと決別し、新しいものを創造しなければならない」とし「原発と石炭火力を減らしながらこれに対処す再生可能エネルギーを適期に安く生産しなければならない」と述べた。

関連記事(外部サイト)