北朝鮮から昏睡状態で釈放された米大学生が死亡…家族が明かす

北朝鮮から昏睡状態で釈放された米大学生が死亡…家族が明かす

北朝鮮で労働教化刑が言い渡され、18か月間の服役後、去る13日に昏睡状態で釈放された米国の大学生オットー・ワームビア(Otto Warmbier)氏(22)がオハイオ州の病院で死亡した。

北朝鮮で労働教化刑が言い渡され、18か月間の服役後、去る13日に昏睡状態で釈放された米国の大学生オットー・ワームビア(Otto Warmbier)氏(22)がオハイオ州の病院で死亡した。彼の家族が19日(現地時間)、明らかにした。

AFP通信などによると、ワームビア氏の家族はこの日午後2時20分ごろ、シンシナティ大学メディカルセンターで息子が北朝鮮で受けた拷問により死亡したと伝えた。医療スタッフは深刻な脳損傷が見られたと明かした。

ワームビア氏はバージニア州立大学に在学していた昨年1月、北朝鮮・平壌(ピョンヤン)を旅行で訪れた際、政治ポスターを盗んだ容疑で15年の労働教化刑を宣告された。

関連記事(外部サイト)