文大統領、北から解放後に死亡した米大学生の遺族に弔電=韓国

文大統領、北から解放後に死亡した米大学生の遺族に弔電=韓国

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が死亡した米国の大学生オットー・ワームビア(Otto Warmbier)氏(22)の遺族に弔電を送る予定であることが分かった。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が死亡した米国の大学生オットー・ワームビア(Otto Warmbier)氏(22)の遺族に弔電を送る予定であることが分かった。

パク・スヒョン大統領府報道官は20日、定例会見で「ワームビア氏死亡の知らせに文大統領は遺憾を表し、遺族や友人らに深い弔意と慰労の言葉を伝える予定」としながら、このように明らかにした。また、「北朝鮮はまだ韓国国民や米国民を抑留しているが、はやく彼らを家族のもとに返すべきであり、政府はこのために努力する」と伝えた。

ワームビア氏は北朝鮮で労働教化刑が言い渡され、18か月間の服役後、去る13日に昏睡状態で釈放されたが、意識が回復しないまま19日(現地時間)、オハイオ州の病院で死亡したことが伝えられた。

関連記事(外部サイト)