北ロケットエンジン試験=米当局はICBM用小型エンジンと推定

北ロケットエンジン試験=米当局はICBM用小型エンジンと推定

北ロケットエンジン試験=米当局はICBM用小型エンジンと推定

北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発のための新たなロケットエンジン試験を実施した。米メディアが22日(現地時間)、報道した。

各メディアは、米国高位閣僚らの言葉を引用し、北朝鮮が去る21日、東倉里(トンチャンリ)にてロケットエンジン試験を実施したと明かした。

北朝鮮がロケットエンジン実験をおこなったのは去る3月以降、初めて。3月にも北朝鮮は東倉里で、新型大出力発動機地上噴出実験をおこなった。

現在のところ、エンジンの種類や性能など具体的なことは確認されていない。

ただし、米国高位閣僚らはロイター通信とのインタビューで、今回の実験はICBMのために必要な最も小さなサイズのエンジン実験だった可能性を示唆。米メディアは、国防部官僚の言葉を引用し、北朝鮮のロケットエンジン技術が窮極的にICBMに利用することができるとの国防部の初期分析が出たことを伝えた。

関連記事(外部サイト)