10月2日を臨時公休日に推進…秋夕連休に合わせ最長10日間の“黄金連休”に=韓国

10月2日を臨時公休日に推進…秋夕連休に合わせ最長10日間の“黄金連休”に=韓国

10月初め、最長10日間の“黄金連休”が可能になる見通しだ。韓国政府は10月2日を臨時公休日に指定する法案を積極的に推進している。

10月初め、最長10日間の“黄金連休”が可能になる見通しだ。韓国政府は10月2日を臨時公休日に指定する法案を積極的に推進している。

キム・ジンピョ国政企画諮問委員会委員長は6日、CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」に出演し、「10月2日を臨時公休日に指定する」という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の公約に対して、「関係部署が協議している。ほぼ現実化しそうだ」と話した。

キム氏はまた「代替休日制は正月と秋夕(チュソク/旧盆)、子供の日の3度だけ適用できる」として、「秋夕連休に(平日である) 10月2日が中間に1日だけ挟まっており、国民の休息権を保障すべきとの次元で…(推進している)」と明かした。

今年の秋夕連休は土曜日の9月30日に始まり、月曜日の10月2日を除けばハングルの日の9日まで続く。10月2日を臨時公休日に指定されれば、最長10日間の“黄金連休”が可能だ。

関連記事(外部サイト)