トランプ大統領、北と取引の中国企業・個人「追加金融制裁リスト」を準備中

トランプ大統領、北と取引の中国企業・個人「追加金融制裁リスト」を準備中

トランプ大統領、北と取引の中国企業・個人「追加金融制裁リスト」を準備中

日米韓3か国の首脳は6日(現地時間)、G20(主要20か国)首脳会議が開かれるドイツ・ハンブルクにて、晩餐形式の会談をおこない、北核問題と関連して緊密に協力することを約束した。

これと関連し、ドナルド・トランプ米大統領は、北朝鮮と取引のある中国の個人と企業を「追加金融制裁リスト」に挙げる方案を検討していると明かした。

また、ポーランドでドゥダ大統領とおこなった共同記者会見では「北朝鮮の悪い行いが、重大な結果をもたらすことを北朝鮮に示すよう、全ての国に呼びかける」と発言。「北朝鮮のこのような振る舞いは、非常に恥ずべき行為であり、危険なやり方だ。何らかの対応が必要だ」と強くけん制した。

一方、日米韓首脳は、北朝鮮が今回の弾道ミサイル発射をICBM(大陸間弾道ミサイル)と主張しているだけに、急速に進行される北朝鮮の核弾頭ミサイル能力の高度化を早急に遮断することが何より重要との認識を一致させた。

関連記事(外部サイト)