日米韓の6か国協議代表、来週シンガポールで北核対応を協議

日米韓の6か国協議代表、来週シンガポールで北核対応を協議

日米韓の6か国協議代表、来週シンガポールで北核対応を協議

北朝鮮問題を協議する6か国協議の日米韓代表が来週、シンガポールで会談し、北核対応方案を協議することがわかった。

7日、韓国外交部(外務省に相当)によると、キム・ホンギュン朝鮮半島平和交渉本部長が来る11〜12日、シンガポールで開かれる「北東アジア協力対話(NEACD)会議」に出席する。

キム本部長はこれをきっかけに、ジョセフ・ユン国務省北朝鮮担当特別代表と金杉憲治・外務省アジア大洋州局長と日米韓の6か国協議代表協議をおこなう予定だ。

一方、日米韓の6か国協議代表協議は去る4月25日以降、およそ70日ぶりとなる。

関連記事(外部サイト)