韓国統一部「国際機関から対北朝鮮人道支援の供与再開要請…検討中」

韓国統一部「国際機関から対北朝鮮人道支援の供与再開要請…検討中」

韓国統一部は10日、国連児童基金(UNICEF)など国際機関から対北朝鮮人道支援のための供与再開を要請、これを検討中だと明らかにした。(提供:news1)

韓国統一部は10日、国連児童基金(UNICEF)など国際機関から対北朝鮮人道支援のための供与再開を要請、これを検討中だと明らかにした。

統一部のイ・ドクヘン報道官はこの日、定例会見で「昨年、北朝鮮の核とミサイル挑発後、供与が中断されていたが、現在、UNICEFとWFP(世界食糧計画)などで供与再開を要請し、透明性や監視などを条件に検討中である」と述べた。

イ報道官は続けて「大統領も述べたが、統一部では国際機関の北朝鮮の乳幼児、妊婦など脆弱階層大賞の栄養支援やワクチンなど保険医療事業に関して支援の必要性を積極的に検討してきており、必要だと認識している」と説明した。

また「対北朝鮮支援は国際機関の支援もあるが、われわれの民間団体支援もあるため一緒に検討していく」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)