米USTR、米韓FTA改正交渉を通知…韓国大統領府「再交渉ではない」

米USTR、米韓FTA改正交渉を通知…韓国大統領府「再交渉ではない」

米USTR、米韓FTA改正交渉を通知…韓国大統領府「再交渉ではない」(提供:news1)

韓国青瓦台(大統領府)は13日、米国通商代表部(USTR)が米韓FTA(自由貿易交渉)改正交渉を要求してきたことと関連し「再交渉ではない」と明らかにした。

先立ってUSTRは12日(現地時間)声明を通じて「ライトハイザー代表がトランプ大統領の指示に従い、交渉改正の必要性を考慮するための米韓FTA関連の特別共同委員会開催を要求すると韓国政府に伝えた」と明かした。

青瓦台の関係者はこの日、春秋館で「きょう午前5時にUSTR代表の書簡が産業通商資源部長官宛てに届いた。青瓦台も重要な事案であるため関連の会議があり、首席補佐官会議の際に通商秘書官の報告がある予定」と明かした。

同関係者は「(米韓FTA)再交渉ではなく改正交渉なので、後続交渉という用語が正しい」と重ねて主張した。USTRが該当書簡で再交渉(renegotiation)という単語より修正(revision または modification)、後続交渉(follow on negotiation)という単語を使用したというのが青瓦台側の説明だ。

関連記事(外部サイト)