国連北朝鮮人権状況特別報告者、訪韓へ…康京和外交部長官らと会談

国連北朝鮮人権状況特別報告者、訪韓へ…康京和外交部長官らと会談

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が17日、トマス・オヘア・キンタナ国連北朝鮮人権状況特別報告者と会談する。外交部が14日、明らかにした。

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が17日、トマス・オヘア・キンタナ国連北朝鮮人権状況特別報告者と会談する。外交部が14日、明らかにした。

外交部によると、キンタナ氏は17日〜21日に訪韓する。北朝鮮人権状況特別報告者は2004年に国連人権委員会決議により設置され、北朝鮮人権状況を集中的に調査・研究し、総会や人権理事会に報告する任務を遂行する。

康長官はキンタナ氏と接見する機会を通して、韓国政府の北朝鮮人権政策を説明し、深刻な状況の改善に向けた国際社会との協力法案について協議する。

キンタナ氏は2016年8月に任務を開始し、昨年11月に初めて訪韓した。彼は今回の訪問で、今年国連総会に提出予定の報告書作成に必要な資料を収集する予定だ。また、来る21日、訪韓結果に関する記者会見を開催する。

関連記事(外部サイト)