12月からビリヤード場などの室内体育施設が全面禁煙に=韓国

12月からビリヤード場などの室内体育施設が全面禁煙に=韓国

韓国において、来る12月からビリヤード場やスクリーンゴルフ場など“室内体育施設”での喫煙が禁止となる。

韓国において、来る12月からビリヤード場やスクリーンゴルフ場など“室内体育施設”での喫煙が禁止となる。

20日、企画財政部と保健福祉部によると、12月3日から登録・申告体育施設のうちビリヤード場やスクリーンゴルフ場などの室内体育施設を禁煙区域に指定する。

これに先立ち、国会は昨年11月、室内体育施設を禁煙区域に指定する国民健康増進法の改正案を議決した。その後、1年間の猶予期間を経て、全面施行されるというものだ。

これに伴い、12月からは室内体育施設に禁煙区域を知らせる張り紙をし、これを守らなければ是正命令が下される。以後も禁煙区域表示義務を違反する場合、1次170万ウォン(約17万円)、2次330万ウォン(約33万円)、3次500万ウォン(約50万円)の過怠金が賦課される。室内禁煙区域を破って喫煙した場合は過怠金10万ウォン(約1万円)が賦課される。

関連記事(外部サイト)