北、”最後のカード”に応戦意思 「いかなる制裁も通用しない」

北、”最後のカード”に応戦意思 「いかなる制裁も通用しない」

北、”最後のカード”に応戦意思 「いかなる制裁も通用しない」

北朝鮮は26日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星−14型」試験発射に対する国際社会の対北政策の動きに、「いかなる制裁も通用しない」と主張した。

労働党機関紙「労働新聞」はこの日、「経済発展も人民生活の向上も、誰の助けに依存することなく、主体的な併進路線と不敗の自強力で成し遂げている」とし、このように伝えた。

また「いま窮地に追い込まれた米国が、制裁と封鎖を我々の生存と発展の妨げるための最終カードとして掲げているが、まさに日照りで海水が乾くように願うくらいに愚かな手段だ」と非難。応戦の意思を改めて強調した。

関連記事(外部サイト)