北朝鮮「2005〜2016年に送還された女性6473人、大半を処罰せず」=VOA

北朝鮮「2005〜2016年に送還された女性6473人、大半を処罰せず」=VOA

北朝鮮「2005〜2016年に送還された女性6473人、大半を処罰せず」=VOA(提供:news1)

北朝鮮当局が2005年から昨年まで、北朝鮮を脱出(脱北)したが送還された女性は約6000人で、彼女たちの大半を処罰していないと主張した。

4日、米国の声(VOA)放送によると北朝鮮は最近、国連女性差別撤廃委員会に提出した答弁書でこのように明らかにした。

北朝鮮が脱北後、再び送還された女性たちの規模を直接明かしたのは非常に異例的なこととVOAは強調した。

北朝鮮は答弁書で、この女性たちが経済的な困難や人身売買団体の陰謀の犠牲者で不法に国境を越えたことがわかったと述べた。

またこれにより彼女たちは、いかなる法律的な処罰の対象にもなっておらず、今はみな安定した生活を享受していると主張した。

北朝鮮は彼女たちのうち、処罰を受けた人は33人に過ぎず、彼女たちは海外滞在中に殺人未遂や麻薬取引など重大な犯罪に関与した人々であると付け加えた。

ただし北朝鮮のこのような主張は国際社会が把握している内容とはやや差があるという指摘だ。

先立って国連北朝鮮人権調査委員会は最終報告書で北朝鮮当局が中国から強制送還された人々に殴打や拷問など非人間的な扱いをしていると指摘した。

関連記事(外部サイト)