文大統領の支持率 71.8%=”安保・人事”議論で下落

文大統領の支持率 71.8%=”安保・人事”議論で下落

文大統領支持率71.8%に下落

文大統領の支持率 71.8%=”安保・人事”議論で下落

文大統領の支持率 71.8%=”安保・人事”議論で下落

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が、わずかにダウンしたことが14日、明らかとなった。

世論調査専門機関リアルメーターがCBSの依頼で去る7日から11日まで全国19歳以上の有権者2542人を対象に実施し、この日発表した2017年8月第2週目の週間集計の結果、文大統領の国政遂行支持率は先週に比べて0.7%ポイント下落の71.8%だった。

「国政遂行をうまくできていない」と回答した否定評価は、0.4%ポイント増加の21.3%で、「わからない/無回答」は0.3%増加の6.9%だった。

文大統領の支持率下落は、北朝鮮のミサイル発射で造成された朝鮮半島危機による安保への不安感と、パク・ギヨン科学技術革新本部長人事をめぐる議論などが影響したものとみられる。

関連記事(外部サイト)