<梨泰院事故>遺族を詐称した母子、「犠牲者名簿公開」で逮捕=韓国

韓国イテウォン(梨泰院)で発生した雑踏事故の遺族を詐称して、食事のもてなしなど後援を受けた母親と息子が警察に捕まった。

15日、警察よると、ソウル・ヨンサン(龍山)警察署は前日、詐欺容疑で50代の女Aと10代の息子Bを立件した。

これを前にAらはソウル龍山区サムガクチ(三角地)駅一帯で、「梨泰院事故」の遺族のふりをして、食事のもてなしなどの後援を受けた疑いをもたれている。

彼らの犯行は「梨泰院事故」犠牲者遺族名簿があるインターネットメディア媒体で公開され判明した。この母子に食事をもてなしたC氏は該当名簿にAが言及した犠牲者の名前がないことを知り、警察に通報した。

警察は彼らを任意同行して調査。Aは警察の調査で「お腹が空いて犯行に及んだ」という趣旨で、容疑の大部分を認めたことがわかった。

関連記事(外部サイト)

  • 5

    大韓民国国民平常運転。

  • 4

    あかの他人の葬式に紛れ込んでたらふくおよばれ。 何処の国にでもいるのかも

  • 3

    このコメントは削除されました

すべてのコメントを読む