金与正氏「米国と追従勢力の妄動、厳重な政治挑発」=北朝鮮

北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)朝鮮労働党中央委員会副部長は、国連安全保障理事会(安保理)が北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)発射問題について論議したことについて「明白なダブルスタンダード(二重基準)だ」と主張した。

キム副部長は22日、国営“朝鮮中央通信”に公開された談話を通じて「21日、米国にけしかけられて、国連安保理がわれわれの新型大陸間弾道ミサイル“火星-17型”の試験発射に言いがかりをつける公開会議を行なった」と伝えた。

キム副部長は「わが政府は、米国とそれに追従する反動勢力たちのこのような妄動をわれわれの自主権への乱暴な侵害として、朝鮮半島情勢を新たな危機へと追いやる厳重な政治的挑発として強く糾弾する」と伝えた。

つづけて「われわれは、国家の安全を守るための自衛権行使について是非を問うことに対し誰であったとしても絶対に許すことはなく、最後まで超強力に対応する」と強調した。

キム副部長は「国連安保理は、朝鮮民主主義人民共和国に対して米国と南朝鮮(韓国)が奔走して行なっている、危険性が色濃い軍事演習と欲深い武力増強に対してはあくまでも無視し、それに対応するわれわれの不可侵的自衛権行使を取り上げることは、明白なダブルスタンダード(二重基準)だ」と主張した。

また「米国がわれわれを武装解除しようと発悪しても、われわれの自衛権は絶対に傷つくことはない」とし「反共和国(反北朝鮮)の敵対行為にこだわるほど、より致命的な安保危機に直面するようになるということを肝に銘じなければならない」と伝えた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?