「防衛省 10月の自衛隊観艦式、韓国招待は保留」=日本メディア

「防衛省 10月の自衛隊観艦式、韓国招待は保留」=日本メディア

「防衛省 10月の自衛隊観艦式、韓国招待は保留」=日本メディア(提供:news1)

日本の防衛省が来る10月に開催する海上自衛隊観艦式に韓国海軍を招待しない見通しだと日本メディアが25日、報じた。

日本メディアはこの日、複数の日本政府関係者を引用して「防衛省がすでに米国やオーストラリア、インド、シンガポールなどに加え中国にも自衛隊観艦式の案内を出しているが、韓国の招待は見送っている」と伝えた。

2015年に開催された海上自衛隊観艦式の際は米国、オーストラリア、インド、シンガポールな海軍に加え、韓国海軍の駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」も参加していた。

しかし防衛省の関係者は「韓国がレーダー照射問題で前向きな対応をとれば、(観艦式)招待することは可能だが、今のような状況が続くようでは難しい」という反応を見せたとメディアは伝えた。

また「観艦式は首相も出席する海上自衛隊の一大イベントだ」とし、「レーダー照射問題を棚上げにして韓国海軍を呼べば、“日本が許した”との誤ったメッセージを送ってしまう。韓国が事実を認め、謝罪しない限り招待はあり得ない」という自民党関係者の発言も伝えた。

関連記事(外部サイト)