駐米韓国大使、与正氏の韓国非難は「米韓の努力効果が出ている傍証」

チョ・テヨン駐米大使は、韓国政府の「対北独自制裁」検討の動きに北朝鮮のキム・ヨジョン(金与正)労働党副部長が非難の談話を出したことについて「米韓両国の努力が効果を見せている傍証だ」と述べた。

チョ大使は28日(現地時間)、ワシントン特派員懇談会で「米韓は、北朝鮮の前例のない挑発の局面で、隙間のない協力を通して対応している」とし、「最近、金与正氏やチェ・ソンヒ氏(北朝鮮外務省)の談話で見られたように、北朝鮮が米韓軍事演習や拡張抑制メッセージを口実に挑発の責任を転嫁しようとしているが、国際社会の反応を得ることはできないだろう」と明かした。

これに先立ち、金与正氏は去る24日、朝鮮中央通信の談話を通して、ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領および韓国政府を「大バカ」と非難。また「ムン・ジェイン(文在寅)の時は、少なくともソウルがわれわれの標的ではなかった」と前政権と比較しながら、「(韓国の)国民は尹錫悦のばかがしきりに危うい状況をつくっている『政権』をなぜただ見ているだけなのか分からない」と韓国の現政権を強い口調で批判した。

チョ大使は、これを例として挙げながら「(このような状況で)米韓は隙間のない協力を通して対応している」とし、「北朝鮮のどのような挑発についても発生したら即時、米韓間の迅速な情報共有と対応措置について合意がなされ、日米韓の間でも引き続き協力を強化している」と評価した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?