韓国警察、「ザ探査TV」に韓東勲法相の住所など記載された文書を誤って発送

韓国警察がハン・ドンフン(韓東勲)法務部(法務省に相当)長官の住居地に訪問して告発された「市民言論ザ探査TV」(以下、ザ探査TV)に接近禁止を通知する過程で、韓長官の自宅住所が含まれた文書を送っていた事実が明らかになった。

これに先立ち、ソウル・スソ(水西)警察署は去る29日、ザ探査TVの記者らが韓長官とや彼の家族、住居地100メートル以内に接近できないようにする内容のストーキング処罰法上の緊急応急措置を通知した。

ザ探査TV所属の取材陣5人は去る27日、ソウル・カンナム(江南)区ドゴク(道谷)洞の韓長官の自宅を訪れた。彼らは韓長官の宅配を調べたり呼び鈴を押して「韓長官いらっしゃいますか」などと尋ねた。その後、韓長官は共同住居侵入、報復犯罪の疑いで彼らを告発した。

警察は接近禁止などの命令が盛り込まれた決定書を送っており、ザ探査TVは自分たちが受け取った決定書をユーチューブ(YouTube)チャンネルのコミュニティのお知らせを通じて知らせた。この決定書には韓長官のマンションを類推できる水準の情報が公開された。

警察庁犯罪捜査規則によると、緊急応急措置決定時にストーキング被疑者に「緊急応急措置通知書」を交付する。この通知書には被害者の名前や住所など個人情報が表記されない。しかし被害者、被害者側法律代理人が受け取る「決定書」には個人情報が出ている。ザ探査TVはこの「通報書」ではなく「決定書」を受け取ったことになる。

警察の関係者は「決定文を送る過程で錯誤が発生する恐れがある」とし、「どのような経緯で発生したのかについては状況を把握中」と述べた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?