米国、北朝鮮の弾道ミサイル開発中心人物を単独制裁

米国、北朝鮮の弾道ミサイル開発中心人物を単独制裁

米国は26日(現地時間)北朝鮮の弾道ミサイルの中心人物として知られた朝鮮労働党軍需工業部の 李炳哲(リ・ビョンチョル)第1副部長と金正植(キム・ジョンシク)を単独で制裁したとAFP通信が報道した。

米国は26日(現地時間)北朝鮮の弾道ミサイルの中心人物として知られた朝鮮労働党軍需工業部の 李炳哲(リ・ビョンチョル)第1副部長と金正植(キム・ジョンシク)を単独で制裁したとAFP通信が報道した。

国連安保理は去る22日、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に対応した新対北制裁決議で彼らを制裁リストに入れた。

ムニューシン米財務長官は声明で「財務省は北朝鮮を孤立させ、朝鮮半島の完全な非核化を達成するための最大限の圧力作戦の一環として、北朝鮮の弾道ミサイル開発を主導する人物を標的にしている」と述べた。

続けて「キム・ジョンシクは北朝鮮の弾道ミサイルの燃料を液体から固体へと転換するなど弾道ミサイル開発の中心人物として知られており、リ・ビョンチョルは北朝鮮の大陸間弾道ミサイル開発の核心管理として知られている」と説明した。

財務省は「きょうの制裁で外国資産管理室(OFAC)が指定した彼らの米国管轄資産が封鎖され、彼らと米国人の取引が全面的に禁止される」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)