大統領府、中国警備員の韓国人記者集団暴行について「中間調査結果は生ぬるい部分。抗議続ける」

大統領府、中国警備員の韓国人記者集団暴行について「中間調査結果は生ぬるい部分。抗議続ける」

大統領府、中国警備員の韓国人記者集団暴行について「中間調査結果は生ぬるい部分。抗議続ける」

韓国大統領府は28日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中の際、中国の警備員らが韓国人記者を集団暴行した事件に関連し、中国公安当局の中間捜査結果が発生事案に比べて縮小されたのではないかとの指摘に「生ぬるい部分は北京大使館を通じてずっと中国政府に抗議する」と述べた。

大統領府の関係者はこの日、記者団に向けて外交部が中国の公安当局から暴行事件の中間調査結果の報告を受けたとして、このように明かした。

これを前に中国公安当局は今回の集団暴行事件において、加害者一人を拘束し、暴行に加担した他の警備員たちは処罰対象から除外する内容を韓国外交部に伝達した。

これは「集団暴行は認めない」と解釈できる部分だ。現在、被害者は韓国で鼻骨骨折の手術を受けたほか、眼窩骨折などで治療中だ。

同関係者は「これで終わりではなく、言葉通り中間」と強調した。

関連記事(外部サイト)