韓国政府、慰安婦合意の実質的な後続措置を早期に準備へ

韓国政府、慰安婦合意の実質的な後続措置を早期に準備へ

韓国政府は慰安婦合意検討TFの最終報告書を土台に、元従軍慰安婦を中心に接触し、問題解決に進むことを明らかにした。

韓国政府は慰安婦合意検討TFの最終報告書を土台に、元従軍慰安婦を中心に接触し、問題解決に進むことを明らかにした。

ノ・ギョドク外交部スポークスマンは28日、定例会見で「被害者中心の解決と国民と共にする外交という原則のもと、被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒すために真正性のある実質的な後続措置をできるだけ早期に用意する」と述べた。

ノスポークスマンは「この過程で、元慰安婦、関連団体、専門家たちの意見を十分に反映して韓日関係に及ぼす影響も勘案していく」と説明した。

これを前に文大統領はこの日、「2015年の慰安婦交渉は手続き的にも内容的にも重大な欠陥があったことが確認された」としながら、「この合意で慰安婦問題は解決できない」と評価した。

関連記事(外部サイト)