北、幹部連席会議でことしの事業を評価

北、幹部連席会議でことしの事業を評価

北、幹部連席会議でことしの事業を評価

北朝鮮は、党・国家・経済・武力機関の幹部連席会議を開き、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長がことし新年あいさつで提示した事業と成果を評価した。朝鮮労働通信が28日、報道した。

通信は「国家経済発展5年戦略遂行の2017年事業定形総和のための党・国家・経済・武力機関をまとめた連席会議が28日、平壌で開かれた」と伝えた。

続けて「連席会議では、金正恩(キム・ジョンウン)同志よりことしの新年あいさつで提示された課題と国家経済発展の5年戦略遂行のための2017年事業で成された成果と経験が分析、総括された」と説明した。

関連記事(外部サイト)