“KAL爆破事件の実行犯”金賢姫(キム・ヒョンヒ)、「北朝鮮は平昌五輪を利用する」と主張

“KAL爆破事件の実行犯”金賢姫(キム・ヒョンヒ)、「北朝鮮は平昌五輪を利用する」と主張

“KAL爆破事件の実行犯”金賢姫(キム・ヒョンヒ)、「北朝鮮は平昌五輪を利用する」と主張

1987年の大韓航空(KAL)機爆破事件の実行犯で、北朝鮮の元工作員・金賢姫(キム・ヒョンヒ)氏(55)が来月開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪で南北が女子アイスホッケーの統一チームを構成したことについて、「金正恩(キム・ジョンウン)のための宣伝活動(publicity stunt)となるだけ」と批判した。

金氏は23日(現地時間)に放送された平昌五輪主管放送局・米NBCとのインタビューで「北朝鮮は五輪を武器として利用している。北朝鮮は韓国と手を握り、制裁や国際的孤立から抜け出そうとしている」としながら、このように述べた。

金氏はまた「北朝鮮政権は韓国を同盟国である米国と離れさせ、窮極的に共産主義体制のもと、朝鮮半島を再統一しようとしている。北朝鮮の目標は朝鮮半島から米軍を追い出すこと」としながら、「金正恩(北朝鮮朝鮮労働党委員長)を信じてはいけない」と繰り返し強調した。

彼女は北朝鮮の核兵器開発に関しても「彼らの“生命線”であるため、放棄はしないだろう」とし、五輪終了後数か月以内に「北朝鮮の挑発がまた始まる」と言及した。

金氏は同日放送された米CNNとのインタビューでも「北朝鮮は変わっていない。騙されないで。朝鮮半島はいまだ戦争中」と述べた。

金氏は1987年11月、同僚工作員キム・スンイル(逮捕過程で服毒自殺)と共にイラク・バグダードを出発しソウルに向かっていた大韓航空858機に爆発物を設置、乗客115人の命を奪った人物だ。

犯行後、北朝鮮に戻る途中のバーレーンで逮捕され、1990年3月、韓国大法院(最高裁判所)で死刑判決を受けたが、盧泰愚(ノ・テウ)当時大統領は彼女を「歴史の証人とすべきだ」として特別赦免とした。

キム氏は自身が起こした爆発テロについては「1988年ソウル五輪を妨害するためだった」としながら、「北朝鮮はソウル五輪開催が朝鮮半島の永久分断と韓国の繁栄を呼び起こすと予想していた」と述べた。

また「当時のわたしの任務は韓国に関するすべてを掌握した金正一(金正恩の父親)が直接サインしたものだ。わたしは“金一家が命令した任務遂行に命を捧げるのが名誉”と洗脳されていた。北朝鮮で生きるということは巨大な監獄で奴隷扱いを受けるようなもので、命令に疑問は提起しない」と説明した。

彼女は爆発物を設置するため飛行機に搭乗した際は「“ここにいるすべての人が死ぬ”という思いに、経験したことのない不安を感じた」とも打ち明けた。

加えて、自身が「北朝鮮の暗殺リストに入っている」とし、「毎年、犠牲者に謝罪し、彼らの冥福を祈るため慰霊塔を訪れている」と伝えた。

関連記事(外部サイト)