韓国外相、ダボス会議で平昌五輪PRイベントに出席「世界平和の礎となることを願う」

韓国外相、ダボス会議で平昌五輪PRイベントに出席「世界平和の礎となることを願う」

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が来月開かれる平昌冬季オリンピックが世界平和と繁栄のための礎となることを願うと述べた。(提供:news1)

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が来月開かれる平昌冬季オリンピックが世界平和と繁栄のための礎となることを願うと述べた。

康京和長官は外交部が25日(現地時間)スイス・ダボス会議期間中に開催した平昌冬季オリンピックおよびパラリンピック組織委員会と共同で「韓国平昌の夜(Korea PyeongChang Night)」に出席した。

康長官は基調演説を通じて、平昌冬季オリンピックおよびパラリンピックの成功的な開催のための政府の努力を説明しながら「1988年に開催されたソウルオリンピックが東西冷戦を克服し、和合のきっかけになっていたように、2回目として韓国で開催される今回のオリンピックが南北対話の再開や北朝鮮のオリンピック参加をけん引することにより、朝鮮半島と北東アジア、さらには世界平和と繁栄のための礎となることを願う」と述べた。

関連記事(外部サイト)