文大統領、病院火災に「残念でならない…」=対応に万全を期すよう指示

文大統領、病院火災に「残念でならない…」=対応に万全を期すよう指示

火災に文氏"残念でならない"

文大統領、病院火災に「残念でならない…」=対応に万全を期すよう指示

文大統領、病院火災に「残念でならない…」=対応に万全を期すよう指示 (写真:昨年12月に発生した堤川火災現場を訪れた文大統領)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、現在33人の死亡者が発生した韓国・密陽(ミリャン)火災と関連し、残念でならないと伝えた。

文在寅大統領はこの日午前10時15分ごろ、緊急首席秘書官・補佐官会議を主催し、「堤川(チェチョン)火災発生からあまり経たず、密陽の病院で火災が発生し多くの死傷者が派生した。現在は鎮火されたが、死亡者数が増える可能背も排除できない状況について、残念でならない」と述べたと、青瓦台(大統領府)パク・スヒョン報道官が会見を通じて伝えた。

文大統領はまた、追加的な被害が発生しないよう、救助された人々に対して必要な医療措置をとり、追加死亡者発生を最小限にとどめるよう万全を期すように指示した。

関連記事(外部サイト)