マレーシアで拘禁の韓国人7人、1週間ぶりに釈放=韓国

マレーシアで拘禁の韓国人7人、1週間ぶりに釈放=韓国

マレーシア・クアラルンプールで現地警察に逮捕され拘禁されていた韓国人7人が26日(現地時間)午前、全員釈放されたと韓国外交部が明らかにした。(提供:news1)

マレーシア・クアラルンプールで現地警察に逮捕され拘禁されていた韓国人7人が26日(現地時間)午前、全員釈放されたと韓国外交部が明らかにした。

彼らは去る19日、マレーシア移民法違反(パスポート未所時、入国ビザ上許可された範囲外の行動)などの容疑で逮捕され、調査を受けた。

駐マレーシア大使館は彼らの拘禁期間中、面会を通じて健康状態を確認し、家族に進行状況を詳しく説明するなど領事助力を提供したと説明した。

先立って去る23日、駐マレーシア大使館は23日午前、韓国人7人を対象に領事面会を実施し、健康状態や過酷な行為など、人権侵害の事実などを確認し、拘禁された韓国人の釈放を要請する書簡を送っていた。

外交部の当局者は「マレーシア大使館は韓国人7人が釈放された後、彼らの迅速かつ安全な出国に必要な領事助力を提供している」と述べた。

関連記事(外部サイト)