北朝鮮、新型インフルで4人死亡・8万2000人が感染=国際赤十字社

北朝鮮、新型インフルで4人死亡・8万2000人が感染=国際赤十字社

新型インフル8万人が感染/北

北朝鮮、新型インフルで4人死亡・8万2000人が感染=国際赤十字社

北朝鮮で最近、A型(H1N1)新型インフルエンザが蔓延し、子供3人と大人1人の4人が死亡した。アメリカの声(VOA)放送が29日、明らかにした。

北朝鮮で最近、A型(H1N1)新型インフルエンザが蔓延し、子供3人と大人1人の4人が死亡した。アメリカの声(VOA)放送が29日、明らかにした。

VOAは国際赤十字赤新月社連盟(IFRC)が発表した「北朝鮮のA型インフルエンザ発病」報告書を引用し、北朝鮮保衛省が去る19日、世界保健機構(WHO)平壌(ピョンヤン)事務所にこうした事実を知らせたとし、先月から現在までに新型インフルエンザに感染した人は約8万2000人と集計されたと伝えた。

報告書によると、北朝鮮では昨年12月1日から今年1月16日間に12万7000件余りの新型インフルエンザの疑い事例があり、このうち8万1640人がA型H1N1新型インフルエンザに感染した。

感染者は全体の52.7%が17才以上で、0才からで7才が24.5%の約3万1000人、8才から16才が22.8%だった。

関連記事(外部サイト)