平昌五輪・パラ期間中、「世界の食文化館」を運営…14カ国の料理が一堂に=韓国

平昌五輪・パラ期間中、「世界の食文化館」を運営…14カ国の料理が一堂に=韓国

平昌五輪・パラ期間中、「世界の食文化館」を運営…14カ国の料理が一堂に=韓国(提供:OSEN)

2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪およびパラリンピック組織委員会は1日、大会に訪問する国内外の観光客に世界の味を伝える目的で、大会期間中に「世界の食文化館」を運営すると明らかにした。

オリンピックプラザ近郊のコリアフェスティバルパーク内に設けられる「世界の食文化館」は食事を通して世界人が一つになれる和合と交流の場を提供する。来る3日〜25日、3月8日〜18日までの34日間運営され、世界の味を含む文化を取り入れた空間に構成される予定だ。

同イベントは14カ国のシェフが調理する料理や伝統酒など112品目を販売する料理ブース、世界のビールやワインが楽しめるラウンジ、海外の文化公演およびイベントが展開される。また、開幕式、閉幕式などの主要日程には特別イベントが準備される計画だ。

関連記事(外部サイト)