米国防省、北の動きを「注視」も「閲兵式に懸念はない」

米国防省、北の動きを「注視」も「閲兵式に懸念はない」

米国防省、北の動きを「注視」も「閲兵式に懸念はない」

米国国防省は、北朝鮮の動きを綿密に注視しており、平昌冬季オリンピック開幕の前日に展開されるとみられる北朝鮮の閲兵式について「懸念はない」と明かした。米国の声(VOA)放送が1日(現地時間)報道した。

クリストファー・ローガン米国防省東アジア太平洋担当報道官はこの日、米韓合同軍事訓練が冬季オリンピック期間に重ならないように調整された状況で、北朝鮮が閲兵式を進行することに関して、このように述べた。

ローガン報道官は「北朝鮮を緊密に観察している」とし、「情報問題については言及しない」と明かした。

関連記事(外部サイト)