平昌五輪組織員会、「ノロウイルスと推定される患者が発生…拡散防止に総力」=韓国

平昌五輪組織員会、「ノロウイルスと推定される患者が発生…拡散防止に総力」=韓国

2018平昌冬季オリンピックが開かれる平昌地域でノロウイルスと推定される患者が発生した。組織員会は拡散防止に総力をあげると明らかにした。(提供:news1)

2018平昌冬季オリンピックが開かれる平昌地域でノロウイルスと推定される患者が発生した。組織員会は拡散防止に総力をあげると明らかにした。

平昌オリンピック組織員会によると去る4日、江原・平昌郡のある宿泊施設で民間安全要員が下痢と頭痛を伴った腹痛の症状を見せた。 この宿泊施設は、平昌冬季五輪に投入された民間セキュリティ企業の職員らが宿泊するホテルだ。

江原道保健環境研究院の調査結果、ノロウイルスと推定される水因性伝染病だった。 選手村の保安要員など約30人が似た症状を見せた。

拡散防止のためマニュアルに従い、平昌冬季オリンピック組織委員会、疾病管理本部と開催都市が共同で施設、装備消毒を徹底する生活規則を順守して、感染拡散を遮断するという方針だ。

組織委員会はオリンピック感染病防止のため、事務総長をチーム長とする医務専担TFを構成、運営して、関係機関協力体系を構築して、状況を持続的に点検する予定だ。

関連記事(外部サイト)