動物保護団体の女性、平昌五輪メディアゾーン前で極寒の中“半裸デモ”

動物保護団体の女性、平昌五輪メディアゾーン前で極寒の中“半裸デモ”

平昌で動物保護の"半裸デモ"

動物保護団体の女性、平昌五輪メディアゾーン前で極寒の中“半裸デモ”

動物保護団体の女性、平昌五輪メディアゾーン前で極寒の中“半裸デモ”

2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪のメディア集合場所である平昌メインプレスセンター(MPC)前で動物保護団体に属する女性がセミヌードデモをおこなった。

6日正午ごろ、MPC前のシャトルバス停留所前に、うさぎの耳の帽子をかぶった女性が下着姿で登場した。周辺にいた取材陣が女性の向かって集まり、女性は準備してきたプラカードを堂々と見せた。

プラカードには「CHAMPIONS DON'T WEAR FUR(チャンピオンは毛皮を着ない」と書かれていた。

動物保護団体PETAの所属だという女性は「寒すぎる」としながらも、「うさぎ、ラクーンなど毛皮のため犠牲となる動物のため、きょうのパフォーマンスを準備した」と前腕が“鳥肌”になりながら説明した。

関連記事(外部サイト)