玄松月ら北朝鮮芸術団を乗せた「万景峰92」、韓国・墨湖港に入港

玄松月ら北朝鮮芸術団を乗せた「万景峰92」、韓国・墨湖港に入港

玄松月ら北朝鮮芸術団を乗せた「万景峰92」、韓国・墨湖港に入港

玄松月(ヒョン・ソンウォル)三池淵(サムジヨン)管弦楽団団長ら北朝鮮芸術団本陣を乗せた「万景峰(マンギョンボウ)92」号が6日午後4時30分ごろ、韓国・江原道(カンウォンド)・墨湖港(江原道東海市)に入った。

万景峰92号の韓国入港は2002年釜山(プサン)アジア大会以来、約16年ぶりだ。

そんな中、墨湖港には零下にも関わらず、取材陣や市民が集まった。この過程で万景峰92の入港を反対する市民のデモも続いた。また、国家情報院や統一部関係者たちが万景峰92号を迎えるため忙しい中で、警察兵力・4中隊が投入され、旅客ターミナルの出入りを統制した。

芸術団本陣はすぐに5日に韓国入りした先発隊と合流し、来る8日、江陵アートセンターで開かれる公演準備に拍車を掛けるものと見られる。なお、芸術団の寝泊りは万景峰92内でおこなうと伝えられている。ただし、江陵公演後はソウルの宿舎に移るものと予想される。

一方、三池淵管弦楽団140人で構成された北朝鮮芸術団による江陵公演は来る8日午後8時、江陵アートセンターにて、ソウル公演は11日午後7時、ソウル国立中央劇場ヘオルム劇場にて開催される。

関連記事(外部サイト)