韓国政府、平昌五輪関連で「米と協力に亀裂」を一蹴し「米と緊密協議」を強調

韓国政府、平昌五輪関連で「米と協力に亀裂」を一蹴し「米と緊密協議」を強調

韓国政府、平昌五輪関連で「米と協力に亀裂」を一蹴し「米と緊密協議」を強調

韓国政府が、平昌冬季オリンピック開幕を前に、一部で提起されている米韓間の意見対立に対する懸念を一蹴した。

ノ・ギュドク外交部(外務省に相当)報道官は6日、外交部の定例ブリーフィングで、米国側からオットー・ワームビア氏の両親が平昌冬季オリンピック開幕式に参加することと関連し、「米国側の非公式参加者については、米国が確認する事案である」としながらも、「政府は成功的な行事のために米国と緊密に協議している」と述べた。

これを前に、米国代表団を率いるマイク・ペンス副大統領は5日(現地時間)、アジア歴訪を前に、北朝鮮当局に拘束され、2017年6月に昏睡状態で帰国しその後死亡した米国人大学生=オットー・ワームビア氏の父親が9日、平昌冬季オリンピックの開幕式に参加するとし、「両親は、北朝鮮で起きている残酷な出来事を全世界に知らせる」と明かしていた。

関連記事(外部サイト)