北メディア、五輪後の米韓軍事演習は「再び朝鮮半島を破局へと導く」

北メディア、五輪後の米韓軍事演習は「再び朝鮮半島を破局へと導く」

北メディア、五輪後の米韓軍事演習は「再び朝鮮半島を破局へと導く」

北朝鮮は7日、平昌五輪開幕を控えて、米韓が五輪後に合同軍事演習を再開することについて改めて非難した。

労働党機関紙「労働新聞」はこの日、「北南和合と情勢安定を壊す危険な挑発騒動」というタイトルの記事で、「北南関係改善の雰囲気が構造される中で、米国のトランプが納得できない胸の内を隠すことができず、戦争に狂った者としての本能を露骨に現そうとしている」とし、五輪後の米韓軍事演習の再開について言及した。

また「朝鮮半島の緊張を緩和し、平和的環境を整えるための我々の平和への真剣な努力に対する挑戦」とし、「朝鮮半島で緊張緩和がみられる最中、米国がすでに五輪後の合同軍事演習再開を公言しているのは、ただ見過ごす問題ではない」と主張。「五輪後、軍事演習を再開するならば、朝鮮半島情勢は再び破局状態に戻るほかない」と強く非難した。

関連記事(外部サイト)