<平昌五輪>HP中断などのネットワークエラーに組織委員会が謝罪

<平昌五輪>HP中断などのネットワークエラーに組織委員会が謝罪

IOC(国際オリンピック委員会)と平昌(ピョンチャン)五輪組織委員会は10日午後、9日に起きたネットワークシステムの問題に関して立場を伝えた。(提供:news1)

IOC(国際オリンピック委員会)と平昌(ピョンチャン)五輪組織委員会は10日午後、9日に起きたネットワークシステムの問題に関して立場を伝えた。

問題は、開会式中だった9日午後に起きた。公式ホームページが一時中断し、MPC(メインプレスセンター)に設置されたIPTVもフリーズし、各国の取材陣が不便を強いられた。

組織委員会はまず「9日夜に組織委員会のネットワークシステム上の問題が起きたことについて、ご不便をおかけした点をお詫び申し上げます」と明らかにした。

続けて「昨日の問題は、協議の進行及び選手や観衆の安全と保安には全く影響が及ばなかった。全ての協議は計画通りに進められており、システムも安全レベルで作動している」と心配するレベルではないと伝えた。

しかしどのような理由で問題が起きたのかは、まだ確実に明かされていない。

組織委員会側は「現在、技術パートナーと熟練のICT専門家がシステムを維持・管理している。組織委員会は原因に対する真相調査に着手し、正しく内容を把握でき次第、詳細の情報を共有する予定だ」と説明した。

関連記事(外部サイト)