文大統領、銀メダル獲得の李相花に「誇らしい…永遠なる氷上の女王」

文大統領、銀メダル獲得の李相花に「誇らしい…永遠なる氷上の女王」

文大統領、銀メダル獲得の李相花に「誇らしい…永遠なる氷上の女王」(提供:news1)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が18日、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック・スピードスケート女子500メートルで銀メダルを獲得した“氷上の女帝”李相花(イ・サンファ)選手に「実に誇らしい。最善を尽くす努力がメダルよりさらに輝いている」とお祝いと激励のメッセージを送った。

文大統領はこの日、試合が終わった後、自身のTwitterなどSNSに文章を掲載し「李相花選手は残念がり涙を流したが、われわれ国民にとっては李相花選手が最高だ」と伝えた。

文大統領は続けて「(李相花選手は)永遠なる氷上の女王」と強調した。

李相花選手はこの日、平昌オリンピック・スピードスケート女子500メートルで37秒33を記録し銀メダルを獲得し、アジア選手初、歴代3人目の冬季オリンピック3大会連続メダルを獲得した。

関連記事(外部サイト)