日本の小野寺防衛相‐米陸軍参謀総長、「日米韓、対北圧力をかけ続ける必要がある」

日本の小野寺防衛相‐米陸軍参謀総長、「日米韓、対北圧力をかけ続ける必要がある」

日本の小野寺防衛相‐米陸軍参謀総長、「日米韓、対北圧力をかけ続ける必要がある」(提供:news1)

日本の小野寺防衛大臣とミリー米国陸軍参謀総長が19日、日米韓の3か国が協力し、対北圧力を続けなければならないという認識で一致したと日本メディアが報道した。

この日、東京で開かれた会談で小野寺防衛大臣は「今、平昌五輪を機会に、北朝鮮は“ほほ笑み外交”を繰り返しているが、核・ミサイル開発の姿勢は全く変わっていない。日米韓の連携を強くして北朝鮮に圧力をかけ続ける必要がある」と述べた。

この日、ミリー参謀総長は日米韓3か国が「肩を並べて対応する必要がある」と強調した。続けて「平和的解決を心から願っているが、軍人としては不測の事態が発生した場合、すぐさま対応するための準備を整える必要がある」と強調した。

関連記事(外部サイト)