米国副大統領、平昌で与正氏と接見計画「北がキャンセル」

米国副大統領、平昌で与正氏と接見計画「北がキャンセル」

米国副大統領、平昌で与正氏と接見計画「北がキャンセル」

米国のマイク・ペンス副大統領が、平昌冬季オリンピックのため韓国を訪れた際、北朝鮮の閣僚級代表団と接見する計画があったが、北朝鮮側による突然のキャンセルで、不発に終わったことがわかった。ペンス副大統領側が20日(現地時間)、明らかにした。

副大統領秘書室長はこの日、配布した資料で「北朝鮮が、ペンス副大統領の(北朝鮮関連)メッセージをソフトに伝える目的で会う約束を交わしていた」と説明。

しかし、ペンス大統領が会同に先立ち、北朝鮮の人権状況を糾弾し、新たな経済制裁を加える計画を明かしたことにより「彼ら(北朝鮮)が接見を避けた」と、一連の流れを明かした。

秘書室長によると、米国側の閣僚級代表団として平昌冬季オリンピック開幕式に出席したペンス副大統領は去る10日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹=与正(ヨジョン)党中央委員第1副部長と金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長に会うことを予定していたが、北側が約束時間のおよそ2時間前に突如キャンセルしていた。

関連記事(外部サイト)