韓国首相、「平昌五輪は終わっていない…パラリンピックまで成功させなければ」

韓国首相、「平昌五輪は終わっていない…パラリンピックまで成功させなければ」

韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は27日「平昌冬季五輪は終わったが、まだ終わっていない」とし、3月9日に開幕する平昌冬季パラリンピック成功にも国民的な力を集めることを要請した。(提供:news1)

韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は27日「平昌冬季五輪は終わったが、まだ終わっていない」とし、3月9日に開幕する平昌冬季パラリンピック成功にも国民的な力を集めることを要請した。

イ首相はこの日開かれた閣議で「オリンピックとパラリンピックが同じ国、同じ場所で相次いで開かれたのは1988年のソウルで初めて始まった。これは30年ぶりに韓国で再び主催することになった」とし「今回のパラリンピックを成功させならない1つの理由がまさにそれだ」と述べた。

イ首相は「さらに重要な理由はわれわれがオリンピック派成功させたが、これで終わっては真の成功ではないということだ」とし「パラリンピックまで成功してこそ、平昌オリンピックも成功する」と力説した。

彼は「平昌オリンピックを成功さえた韓国の成熟した力量を世界が完全に認めようとするならばパラリンピックまで成功させなければならない。パラリンピックの成功こそ韓国と韓国人の成熟を完全に証明するもの」とし「これが、2つ目であり大きな理由」と強調した。

続けて「政府は平昌オリンピックと同じ真心でパラリンピックを成功させる」とし「国民のみなさんも参加してくれることをお願いする」と督励した。

関連記事(外部サイト)