国土安全保障長官、平昌パラ開会式出席へ…韓国が歓迎「意味が大きい」

国土安全保障長官、平昌パラ開会式出席へ…韓国が歓迎「意味が大きい」

国土安全保障長官、平昌パラ開会式出席へ…韓国が歓迎「意味が大きい」

韓国大統領府は28日、ドナルド・トランプ米大統領が来月9日に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピック開会式に出席する米代表団団長に、キルステン・ニールセン国土安全保障長官を任命したことに対し、「歓迎する」との立場を示した。

大統領府関係者はこの日、記者団に向けて「世界で初めて、パラリンピックの団長を公式発表した」としながら、「各国から多くの団長が来るが、米国の初の団長発表を歓迎する」と述べた。同関係者はまた「米行政府の強大な影響力を持つ高位関係者が訪韓することに意味があると見ている」と明らかにした。

ニールセン氏は弁護士出身で、ホワイトハウス秘書室長へ席を移したジョン・ケリー元長官からバトンを受け継ぎ、昨年12月にトランプ政府の2代国土安全保障省長官に就任した。

国土安全保障省は国境や航空安全管理、移民政策、災難対応などの責任を負う部署だ。

関連記事(外部サイト)