米政府「北朝鮮との対話条件は非核化…変化はない」

米政府「北朝鮮との対話条件は非核化…変化はない」

米国政府が北朝鮮との直接対話に必要な条件が「非核化(denuclearization)」であることを改めて強調した。

米国政府が北朝鮮との直接対話に必要な条件が「非核化(denuclearization)」であることを改めて強調した。

米国防省スポークスマンは27日(現地時間)の定例会見で、ドナルド・トランプ大統領が前日「(北朝鮮との対話は)適切な条件だけでなされる」と述べたことに関する質問に「われわれの条件は非核化だ」と答えた。

スポークスマンは「われわれの対北政策に変化はない。この政府の初日から“最大限の圧迫”と“朝鮮半島の非核化”を話してきた」としながら、「今後、非核化に向けて取るべき措置についてもお話する」と述べた。また、「(朝鮮半島の非核化は)中国も、日本も、韓国も、多くの国家が同意していること。われわれはこれを固く支持する」と強調した。

続けて、北朝鮮がシリアに化学兵器を供給していたことが発覚したことに「米国が長い間、憂慮していたこと」とし、「北朝鮮は切迫した状況になれば、“犯罪政権(criminal regime)”を支える上で、使用する資金を儲けるために以前と違った創造的で恐ろしい方法を探す」と悲観した。

また「北朝鮮がシリアと呼ばれる場所に化学兵器の材料や物品を売っているならば、これもまたその政権の堕落性(depravity)を見せることだ。われわれが世界を代表して非核化政策を支持するのもこのため」と説明した。

関連記事(外部サイト)