文大統領、「朝鮮半島共同体」を強調=3.1節記念式

韓国・文在寅大統領が3.1節記念式で「朝鮮半島共同体」強調 北朝鮮核問題に言及なし

記事まとめ

  • 文在寅大統領は1日、3.1節記念式で北朝鮮と関連し「朝鮮半島共同体」を強調した
  • 文大統領は「朝鮮半島の平和共同体、経済共同体を完成させなければならない」と訴えた
  • 文大統領は、最近の南北間”対話雰囲気”を勘案したものとみられるよう

文大統領、「朝鮮半島共同体」を強調=3.1節記念式

文大統領、「朝鮮半島共同体」を強調=3.1節記念式

文大統領、「朝鮮半島共同体」を強調=3.1節記念式

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、3.1節記念式で北朝鮮と関連し「朝鮮半島共同体」を強調した。

文大統領が北核と人権に対する言及なく、「分断を克服する南北共同体」を逆説するのは、最近の南北間”対話雰囲気”を勘案したものとみられる。

文大統領はこの日、ソウル・西大門刑務所歴史館で「第99周年3.1節記念式典」に出席し、「われわれは今後、光復100年に向かう中で朝鮮半島の平和共同体、経済共同体を完成させなければならない」と強く訴えた。

また「分断がこれ以上、われわれの平和と繁栄の妨げになってはならない。私はきょう、国民の皆さんへこの目標を共に成し遂げていくことを提案する」と述べた。

関連記事(外部サイト)