文大統領、平昌パラリンピック選手団壮行会に出席

文大統領、平昌パラリンピック選手団壮行会に出席

文大統領、平昌パラリンピック選手団壮行会に出席(提供:news1)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2日、平昌(ピョンチャン)パラリンピックと関連し「韓国を世界で最も障害者スポーツが活発に行われ、模範となる国にしたい」と述べた。

文大統領はこの日午後に開かれた2018平昌パラリンピック大会選手団壮行会に出席し、激励した。現職の大統領がパラリンピック大会選手団の壮行会に出席するのは今回が初めてだ。

文大統領は「この場にいらっしゃる選手のみなさんが韓国代表となるまで、またすべての障害者選手たちが自分の競技場でどれほど多くの汗と涙を流してきたのか考えるのは容易ではない。しかし倒れては起き上がりを繰り返して、きょうのために準備してきたみなさんはどんな瞬間にも私たちの英雄だ」と強調した。

文大統領はパラリンピック選手団に向けて「私にとって皆さんはすでに金メダルだ。国民も思っている」とし「皆さんは人生の真の勝利者であり、チャンピオンだ。アルペンスキー、スノーボード、クロスカントリースキー、バイアスロン、アイスホッケー、そして車いすカーリングで全世界の選手たちと共に楽しんでほしい。平昌パラリンピックを世界人と共にする皆さんの祝祭の場にしてほしい」と呼びかけた。

関連記事(外部サイト)