韓国統一部「南北首脳会談の準備に着手…早ければ今週、準備機構を発足」

韓国統一部「南北首脳会談の準備に着手…早ければ今週、準備機構を発足」

韓国政府が4月末、板門店の韓国側「平和の家」で開かれる第3回南北首脳会談を準備するため、実務作業に着手した。(提供:news1)

韓国政府が4月末、板門店の韓国側「平和の家」で開かれる第3回南北首脳会談を準備するため、実務作業に着手した。

統一部当局者は7日「首脳会談を後押しする準備機構の発足を関係省庁と協議している」とし、「時間があまりないため、早ければ今週発足する可能性もある」と明らかにした。

ただし、「10年前の首脳会談時のように、準備企画団として行くのか、形態はまだ決定していない」と話した。

2007年第2回南北首脳会談の時は、青瓦台(大統領府)秘書室長を委員長とする「推進委員会」と、これを政府が後押しする機構として、統一部長官が団長の「準備企画団」が青瓦台と統一部にそれぞれ構成された。

準備機構が構成されれば、彼らは今後、板門店の連絡チャンネルや会談などを通じて、具体的に実務協議を進めていくものとみられる。

関連記事(外部サイト)