香港英字新聞、金与正氏のワシントン行きの可能性を報道…韓国特使団は本日米国へ出国

香港英字新聞、金与正氏のワシントン行きの可能性を報道…韓国特使団は本日米国へ出国

香港英字新聞、金与正氏のワシントン行きの可能性を報道…韓国特使団は本日米国へ出国

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が米朝対話に関する特使に自身の妹である金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会宣伝扇動部第1副部長を米国に送る方案を検討中だ。香港の日刊英字新聞が8日、報道した。

同メディアは匿名の消息筋の言葉を引用し、「鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長が今週、ハーバート・マクマスター国家安全保障問題担当大統領補佐官にさまざまなメッセージを伝える予定だが、その一つがこの内容」と報道した。

同消息筋は「金正恩はドナルド・トランプ米政府に伝えるメッセージがある。このメッセージは前例のない、とても特別な内容」とし、「米国がこのメッセージを公開するかは分からない」と述べた。

続けて「鄭室長が米朝対話を始めるための北朝鮮側の条件を伝える。金正恩が妹の金与正を韓国に送り出したように、今回はワシントンに送る考えを持っている可能性が高い。金与正は現在、北朝鮮の最も強い武器だ」と付け加えた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団として5日に訪朝した鄭国家安保室長と徐薫(ソ・フン)国家情報院長はこの日、訪朝結果を説明するため、米国に出発する。

関連記事(外部サイト)