韓国国家情報院トップ、河野外相と会談…訪朝結果などを説明=本日(13日)安倍首相と面会へ

韓国国家情報院トップ、河野外相と会談…訪朝結果などを説明=本日(13日)安倍首相と面会へ

韓国国家情報院トップ、河野外相と会談…訪朝結果などを説明=本日は安倍首相と面会へ

韓国情報機関・国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長が12日、南北首脳会談の推進経緯などを含む北朝鮮訪問結果を日本政府側に説明した。

日本メディアなどによると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使の一員として5〜6日に平壌(ピョンヤン)を訪問した徐院長はこの日、東京・外務省飯倉公館で河野太郎外相と会談した。

内容は具体的には伝えられていないが、訪朝結果と共に、その後の米国訪問結果などを説明したものと見られる。

これを前に、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は平壌を訪問した青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長や徐院長ら韓国政府特使団を通して、「非核化問題の協議および北朝鮮・米国関係正常化に向け、米国と対話できる」とし、自分たちに対する「軍事的威嚇が解消され、体制安全が保障されるならば核を保有する理由がない」との立場を明かした。

その後、ドナルド・トランプ米大統領は8日(現地時間)、ホワイトハウスで鄭室長と徐院長から訪朝結果の説明と共に金委員長の会談要請意思を伝え聞き、「5月中に金委員長に会う」と回答、来月末の南北首脳会談に続き5月には史上初の米朝首脳会談が開催される見通しとなった。

なお、徐院長は本日(13日)、安倍晋三首相と面会し、帰国の途につく。

関連記事(外部サイト)