金宜謙共に民主党報道官「金建希夫人がまた株価操作」…大統領室「とんでもないうそ」=韓国

韓国の大統領室は27日、キム・ウィギョム(金宜謙)共に民主党(野党)報道官の‘キム・ゴンヒ(金建希)夫人、また株価操作’の主張に対し「とんでもないうそ」と反論した。

大統領室報道官室はこの日の午後、メディア公示を通じて「金宜謙共に民主党報道官が何の根拠もなく『(ユン・ソギョル(尹錫悦))大統領の配偶者が他の銘柄(ウリキスル)の株価操作に関与した嫌疑が明らかになった』との趣旨の書面ブリーフィングを出したが、これはとんでもないうそである」と明らかにした。

さらに「他人の裁判過程で出てきた内容の一部を勝手に解釈し『うそのブリーフィング』をしたことに対し、強い遺憾を表す」と述べた。

続いて「公党の報道官が金融監督機構の調査結果など、客観的根拠が全くない状態で『大統領の配偶者が株価操作をした』と断定的に公表したことはいかなる言い訳でも正当化できず、国益に何の役にも立たない」と付け加えた。

大統領室は「金宜謙報道官は大統領の動線に関し『チョンダムドン(清潭洞)酒席』うんぬんして虚偽事実を流布した後、きちんとした謝罪や責任ある措置も取らなかった。公党の報道官として『虚偽事実流布』に相応する責任を取らなければならない」と述べた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?