韓国野党「金建希夫人の疑惑に対する真相を把握」…17日に国会運営委員会開催を国民の力に要求

共に民主党(野党)がユン・ソギョル(尹錫悦)大統領の配偶者であるキム・ゴンヒ(金建希)夫人の株価操作疑惑など、懸案に対する真相究明のため、17日に国会運営委員会開こうと国民の力(与党)に要求した。

イ・スジン(李秀眞)共に民主党院内報道官は14日、書面ブリーフィングで「本日、共に民主党と正義党所属17人の運営委員は国会法第52条により、2月17日午前10時に国会運営委員会全体会議を開会することを公式要求した」と明らかにした。

李院内報道官は「今回の全体会議の開会要求は、大統領室など運営委員会所管の政府機関の新年業務計画の報告を受け、所管法案を審査するためのものである。金建希夫人の株価操作疑惑、北朝鮮無人機侵入対応、大統領官邸選定過程での『天空』介入疑惑などの懸案についても報告を受け、真相を把握したい」と強調した。

続いて「大統領室を巡る国民的疑惑を解消しようとするなら、国民の力は必ず国会運営委員会開催要求を受け入れなければならない。大統領室もまた国会に出席し、国民の質問に誠実に答えなければならない」と述べた。

さらに「共に民主党は大統領室拙速移転にともなう安保惨事、金建希夫人株価操作捜査もみ消し、巫俗(ふぞく)人の国政介入など、尹錫悦政府の実情と国民的疑惑を徹底的に究明し、責任を問う」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?