韓国人の58.1%、非核化交渉を「楽観視」

韓国人の58.1%、非核化交渉を「楽観視」

韓国人の58.1%、非核化交渉を「楽観視」

韓国国民の10人に6人が、今後の米朝非核化交渉を「楽観視」していることがわかった。

民主平和統一諮問会議は去る15〜16日の2日間、韓国の成人1000人を対象に「2019年第1四半期国民統一世論調査」を実施した結果、回答者の58.1%が米朝間の神経性にも関わらず、今後の非核化交渉を楽観的に見ていると明らかにした。

また、民主平和統一諮問会議によると、非核化および対北制裁に対しては「対北制裁緩和」の意見が54%と調査され、「対北制裁維持」(41.6%)より12.4%p高いことがわかった。

関連記事(外部サイト)